› 「職場の教養の感想日記」ユーアンドミークリエイトの社長ブログ

2022年10月03日

電車での備え

職場の教養

もしも、が目の前で起きたら
果たして自分はどのように動けるだろうか?

今回職場の教養では
電車の中での急病人の対応のことが書かれていた
相手が意識がある場合はまだなんとかなりそうだが
問題は意識を失っているときだ

そういった場合、AEDを使わなければいけないこともある
だが、更に問題なのはその相手が女性だった場合である
後々、セクハラや痴漢扱いされることもあるそうで
男性は対処が難しいということもある

けれど、生きるか死ぬかという一刻を争う場合は
そんなことは言っていられないのも事実
こういったときのシミュレーションを
頭の中で行っておく必要もある

人はイメージできる行動は起こせるが
イメージできない行動は起こすことができない
万が一のとき、どう振る舞えばいいのか
これを動画などを見てイメージを付けておくことも大切だ

ドラマなどでかっこよく人を助けるシーンがあるが
案外、そういうイメージも大切になるだろう

大事なのは目の前の人の命である
そこを考えて、万が一のときの行動に備えておきましょう




いよいよ発売されます!
ぜひ予約申し込みを!


マンガでわかる!ユーアンドミークリエイトのお仕事です
ユーアンドミークリエイト漫画特集

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください
メルマガ詳細  

Posted by ひろさん at 04:41Comments(0)職場の教養

2022年10月02日

一事が万事

職場の教養

一事が万事
一つの物事が他の全てに現れる
つまり、表面だけ取り繕っても
その本質は全てに現れていることになる

職場の教養では日頃の整理整頓について書かれていたが
それ以外にもいろいろなことでそれは出てくる

例えば、人に感謝する心
目上の人だけに媚びへつらうようにして
感謝の言葉を伝えているが
目下の人にはさも当たり前のように振る舞う

こういった態度はすぐに露見されてしまうだろう
いつかは化けの皮が剥がれてしまう、というものだ

こんな感じで、人の心に対しても
全てに平等に同じように接していないと
一事が万事で、その裏表の態度は相手にわかってしまう

どんなに小さなことに対しても
常に同じような気持ちで相手に向かい
ことを進めていく

一事が万事で小さなことに対しても
しっかりと気持ちを引き締めて
ことに取り掛かっていかねば



マンガでわかる!ユーアンドミークリエイトのお仕事です
ユーアンドミークリエイト漫画特集

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください
メルマガ詳細  

Posted by ひろさん at 05:00Comments(0)職場の教養

2022年10月01日

果敢に取り組む

職場の教養

沖縄の方言
「なんくるないさ」
これは知っている人は多いだろう

意味は
「なんとかなるさ」
ではあるが、これは
「まくとぅそーけー、なんくるないさ」
の一部だという

意味は
「人として正しい行いをしていれば、なんとかなるさ」
である

ここでおわかりのように
ただ楽観的になんとかなるさ、ではない
やるべきことをやればなんとかなるさ、という意味が正しい

さて、自分は今までやるべきことをやっていただろうか?
これを常々考えて行動をしないといけない

先日、昨年度の決算書が出た
コロナの影響で売上はまだ下がったまま
補助金でなんとか赤字補てんができている状況である

コロナの最中に自分はやるべきことをやったのか?
ただなんとかなるだろう、で過ごしていなかっただろうか?
その結果が数字として現れているのだから

今年度はもっとやるべきことをやって
まずは黒字転換、そして売上を元に戻す
この努力をやっていかねば

なにごとも一生懸命に取り組んでこそ
「なんくるないさ」
になるのだから

このことを意識して、今日もやるべきことに向かって
懸命に取り組んでいこう



マンガでわかる!ユーアンドミークリエイトのお仕事です
ユーアンドミークリエイト漫画特集

Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください
メルマガ詳細  

Posted by ひろさん at 05:43Comments(0)職場の教養