2019年05月25日

あきらめない

職場の教養

成功する秘訣
それは
あきらめずに成功するまでやり続けること

頭ではそれがわかっていても
やり続けることって、なかなかできるものではない

私はずっとやり続けていることがある
それが、この職場の教養ブログと
毎週、そして毎朝の小説を書くこと

私は物書きを生業としたいと思っている
そのための修行として、書き物をずっとやり続けている
続けることがまずは大事だと思っているから

逆にあきらめてやめてしまったこともたくさんある
ずっとやっていれば、何かしらの成果があっただろうに
もったいないことだ

やり続けること
ここをもう一度意識して
これからもチャレンジャーでいよう

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:14Comments(0)職場の教養

2019年05月24日

スランプ

職場の教養

スランプに陥る
これについてはそういった状態は
あまり無いと思っている

が、人のスランプはよく見ている

我が息子は高校の部活を頑張っているが
練習や試合を見ていると
イマイチな状況の子をよく目にする

元々実力はあるはずなのに
どうしてなのだろう?

アドバイスをしてあげたいのだが
それができないのがもどかしい

結局はスランプは
自分で解決するしか無いのだから

しかし、スランプは
成長をしている証拠でもある
成長しているからこそ
乗り越えるべき壁ができてくる

壁を突破したそのとき
一歩進んだ自分がいるのだから
スランプを喜んで受け入れてみよう

ということは
スランプを感じない自分は
成長していない、ということなのか?


「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:14Comments(0)職場の教養

2019年05月23日

先輩への花道

職場の教養

人に喜んでもらうこと
これを第一に考えて行動する
これが物事を成功させる秘訣なんだな
それを感じることができた

思えば自分の仕事もそうだ
立ち上げた当初は
自分の利益のため
これが第一優先だった

そうすると、仕事は降ってこず
仕事自体も満足したものにはなっていなかった

今は考え方が変わった
とにかく相手のために
こういった思いやりを持つようになったら
仕事が順調に回り始めた

とはいえ、まだまだここも修行中
完全にできているわけではない

もっと「あなたのために」が
自然に振る舞えるようにならねば

そのための意識をさらに高めていこう

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:28Comments(0)職場の教養

2019年05月22日

安全のための意識

職場の教養

今回例に挙げているように
通学路にある信号が歩車分離信号になった直後
慣れていない人やドライバーが
事故を起こしかけたという話を聞いた

今までの慣例で
私たちは行動を起こしがちである

しかし、きちんとしたルールに則り
運転をすることが義務付けられている

知らなかった、では済まされない
今一度、自分の身の回りの交通ルール
これを確認して
事故を防ぐようにせねば

それが運転する人の
義務なのだから

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:24Comments(0)職場の教養

2019年05月21日

ご褒美は自分だけ

職場の教養

私たちは一人で生きているわけではない
常に誰かに支えられて
今まで生きている

では、支えてくれた人々へ
感謝の気持ちを伝えただろうか?

いや、まずは感謝そのものを
やっていただろうか?

それをしてくれるのが当たり前
そう思っていなかっただろうか
これは傲慢というものである

私は両親への感謝
妻への感謝
子どもたちへの感謝
こういったものが足りていなかった
自分一人でやってきたつもりになっていた

だから事業が落ち込んだ時があった
人間関係も悪かった時期があった

しっかりと感謝を伝えること
こういった機会を改めて設けなければ
それが人として大切なことではないだろうか


「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:24Comments(0)職場の教養

2019年05月20日

気づいた時こそ

職場の教養

思った時、閃いた時が
ベストタイミングである
これはよく言われることである

逆に、このタイミングを逃すと
それはチャンスを逃したことになる

あの時やっておけばよかった
私もそういったことをかなり逃してきた

さらに厄介なのは
閃いた時に行動を起こさなかったために
後から
「あれっ、さっき閃いたことってなんだったっけ?」
と忘れてしまうことが多い

閃いた時にやらなかったがために
今まで多くのチャンスを逃してきた

閃きは神から与えられたチャンスである
このことを肝に命じておかねば

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:33Comments(0)職場の教養

2019年05月19日

小学生の短歌

職場の教養

子どもの感性
これは私たち大人が
学ぶべきところがたくさんある

忘れていたこと
気づかなかったこと
そして、大人でさえ知らなかったこと
こういったことを学ばせてくれることがある

我が家の子どもたちも
小さい頃はいろんなことをしでかしてくれた

しかし、その中には
大人の私たちがハッとさせられる
気づきが潜んでいたことが多い

今は子どもたちと触れ合うという機会があまりないが
そのうち孫ができると
またそんな機会に出会うことだろう

その時には
謙虚に子どもたちから学ばせていただくとしよう

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 05:16Comments(0)職場の教養

2019年05月18日

見て学ぶ

職場の教養

真似から学ぶ
これは武道の精神である
「守破離」
にも掲げられている通りである

まずは師匠のやる通りのことを行う
これは真似るということである

私にも以前、弟子がいたことがある
彼らにやらせていたのは
とにかく私のやることを見せること

そして、そのうち私のコピーをやらせてみる
やっていくうちに徐々にオリジナル要素ができて
自分のものになっていった

かくいう私も
最初は人の真似から入り
徐々にオリジナルへと変化させていった

どんなことでも
まずは真似ることから始める
それを徹底していこう

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:26Comments(0)職場の教養

2019年05月17日

家事と育児に追われて

職場の教養

身近な人の支え
私もそこに気づくのに
随分と時間がかかってしまった

いわゆる名前のない家事というもの
妻がどれだけそれをやっているのか
そこにはなかなか気づかないものだ

何しろ成果が見えない家事が多い
昼間、何をしているのか
聞かされないとわからない家事が多い

今でこそ子どもたちがいなくなって
やることが減ってはきているが
それでも私が知らないことが多い

昨日も掃除機を掃除するということをやったそうだ
確かに掃除機の調子が悪いとは思ったが
あんなにゴミが詰まっていたとは

写真で送られてびっくりだった
こういった家事をこなす妻に支えられているからこそ
好きな仕事を続けられる

妻の働きを認め
感謝の言葉を送ることを忘れないようにせねば

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 04:24Comments(0)職場の教養

2019年05月16日

伝わる言葉

職場の教養

相手が外国人でなくても
わかりやすく話すことは大切だ

妻と会話をしていて
よく思うのが
「主語がない会話」
が多いということ

主語とは「誰が」「何が」というもの
例えばこんな感じ

「そうそう、大切にしないといけないよねー」

これだけを聞いて、何を大切にしないといけないのか
判断できない

会話の流れでわかるでしょ
そう思われるかもしれないが
直前に別の会話になって
突然話が戻った時にこれを言われると
何のことを言っているのかわからなくなる

自分の意思をはっきり伝えるために
主語のある会話をすること
これは心がけていきたいものだ

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
5月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ  

Posted by ひろさん at 05:26Comments(0)職場の教養