2017年12月15日

晴れ男

職場の教養


一般的に雨というのは
憂鬱なもので、嫌われることが多い

しかし、雨は私達の生活には欠かせないものである
特に作物を育てている人はそうであろう

いきすぎた雨は困り物になることもあるが
それでも雨からの恵みがなければ、私たちは生きてはいけない

寒い日の雪も、必要なところにとっては大切なものである
寒くなるからこそ、育つ作物もある

私たちは自然の流れに逆らっては生きていけない
自然とどう付き合っていくのか、そちらのほうが大切だ
だからこそ、今の天気に感謝をしつつ、
どのように行動するかを考えることが大切だと私は思う

そもそも天気には善悪などないのだから
今の天気をどう楽しむのか、これを考えていこう  

Posted by ひろさん at 05:18Comments(0)職場の教養

2017年12月14日

時間の使い方

職場の教養


時間の使い方、これは私も意識をしている
スキマ時間に有効な仕事をこなしたり
勉強をしたり、そして休んだり

意識はしているが、まだまだというところが反省点である
つい休み(というかサボり)に時間を費やすこともある

とはいえ、まずは一日にやることをきちんとリストアップし
優先順位をつけてとりかかるようにはしている

そうすると、意外にもあっという間に仕事が終わる
だからこそ、余裕を持った時間を使うことができる

もっと時間を有効に使う意識を持っていこう  

Posted by ひろさん at 06:48Comments(0)職場の教養

2017年12月13日

座の文化

職場の教養


私も正座は苦手である

以前、三十分以上正座をする機会があったが
立ち上がろうとしたときに足がしびれて
隣の人にもたれかかったことがあった

けれど、肝心なのは正座中の姿勢である
背筋を伸ばして、正面を向き
自分自身の内面と対面する

その気持ちで正座をすることが大切だと思っている

あぐらをかくと、どうしても背中が丸まり
意識が外に向いてしまう

正座というのは、正しく座ると書く
身も心も正しい姿勢を保つこと、これを常に心がけねば  

Posted by ひろさん at 04:53Comments(0)職場の教養

2017年12月12日

嫌うものには悩まされる

職場の教養


嫌がる心をなくすために
掃除や整理整頓をすることが助けになる
これは意外な見解である

なるほど、心のなかの頑固な汚れを取り去るために
まずは見た目の汚れを取り去るのか

これは心の中にある、固執した考えを取り除くということにもつながる
確かに、自分の中にはそういう考えがあるのは確かだ

もっと身の回りを細かに清掃することで
徐々に頑固な心の汚れはなくなるかもしれない
そこを意識していけば
嫌いなものも食べられるようになるかな?  

Posted by ひろさん at 04:35Comments(0)職場の教養

2017年12月11日

先輩の役割

職場の教養


自分の行動を振り返る
すると、自分の至らなさ、未熟さに気づくことは多い

私もかつては社員を雇っていた
あの頃は「自分のやり方がベスト」と信じていた
が、結果はどうだったか?

業務そのものは振り返っていたが
自分という人格についての振り返りをやっていなかった
そのため、思うようにいっていなかった

自分はまだまだ未熟
その気持ちを常に忘れずにいなければ
そのためにも、きちんとした振り返りを行い
良いところを伸ばし、悪いところを改善していく
その気持ちを忘れないようにしよう  

Posted by ひろさん at 04:30Comments(0)職場の教養

2017年12月10日

動くゴールキーパー

職場の教養


サッカーではゴールキーパーに注目するのは
ゴールを阻止するときくらいである
けれど、何もしていないわけではない

それと同じように、普段の仕事の中でも
エース級の働きをする人の裏側には
ゴールキーパーのように守ってくれる人がいることを忘れてはいけない

我が家も同じ
確かに稼ぎ頭は私である

が、安心できる場を守ってくれているのは妻
その妻の働き抜きには、今の仕事はやっていられない
その働きに感謝をしていくことが大切である

自分だけが動いている、働いている
そういう意識を抜いていかねば、この先の発展はないだろう  

Posted by ひろさん at 06:56Comments(0)職場の教養

2017年12月09日

固定観念を超えて

職場の教養


この蛇口、インターネットのおもしろ動画で見たことがあります
確かに意表をついた、面白い視点ですね

私たちは一般的な常識に縛られていることが多いです
そうなると、発想がおもしろくなくなり
笑いや楽しみが減ってしまう、そんな気がするんです

だから、人の想像を超えた
固定観念を打ち破ったことをどんどんやってみて
もっとみんなを楽しませてみたい

そのためには、柔軟な発想が必要
だからこそ、非常識を常識にしたいな
それが私の思いです  

Posted by ひろさん at 06:09Comments(0)職場の教養

2017年12月08日

紹介者



友達の友達はみな友達だ
というフレーズは、タモリの笑っていいともにあったもの
まぁ、半ばヤラセもあるが
あのテレフォンショッキングも紹介で成り立っていた

どんなことでも、最初の紹介者というのはいる
仕事においても、友達関係においても
思えば最初のきっかけはなんだったのか
それを忘れることは多い

私も交友関係は大きく変化している
けれど、突然ブチッと切れて違うところに移ったわけではない
自然な流れで、徐々に付き合っていく人が変化している

最初のきっかけ
そこを忘れてしまいがちだが、今一度思い出して訪ねてみるのもいい
もとを忘れず、だな  

Posted by ひろさん at 06:45Comments(0)職場の教養

2017年12月07日

大雪

職場の教養


冬になると、どうしても運動量が減る
寒いので、外に出るのがおっくうになってしまう

なので、できるだけ歩いたり、自転車で移動を心がけている
特に近くのコンビニや本屋に行く時などがそうだ

宮崎という土地は車社会である
ちょっとした場所に行くにも、下駄代わりに車を使う
だから、田舎ほど足腰が弱いとも言われている

だからこそ、あえて歩く時間をつくろうと思う
できるだけ歩いて、体力をつけておかねば

幸いにここは雪がふらない
だからこそ、恵まれた天候を活かして生活をしていかねば  

Posted by ひろさん at 04:52Comments(0)職場の教養

2017年12月06日

酒席の心得

職場の教養


私は以前、酒の席というのがあまり好きではなかった

その場で楽しく談笑するのは好きである
が、酒のグラスが空いたときに
「どうぞどうぞ」
と注がれること、これがダメなのだ

私はお酒は弱い方である
だから、ここまで飲んだらノンアルコールに切り替えよう
そう思った矢先にまた酒を注がれる

むこうは親切にしているつもりだろうが
私にとっては苦痛であった

今は事情がありアルコールは一切取らない
そうなったら、とても気が楽になった
酒の席が、酒を飲まないことで楽しめるようになった

そういう人もいるんだということ
これはぜひ覚えておいて欲しい
  

Posted by ひろさん at 05:29Comments(0)職場の教養