2018年02月08日

事八日

職場の教養


針供養や人形供養という言葉は知っていたが
「事八日」という言葉は初めて知った

どんなものにでも魂は宿っている
そのものを大切にする考え方
そして、ものの労をねぎらう考え方
これを大切にしたいものだ

私たちはものに対しては
つい乱暴に扱ったり、粗末に扱ったりする

けれど、それではものは浮かばれない
本来の使い方、目的に即してあげることで
ものは成就されるのだから

ものを大切にし、ものに感謝の気持ちをあらわす
きょう一日くらいはそんな気持ちを持っていたいものだ  

Posted by ひろさん at 04:34Comments(0)職場の教養