2020年10月10日

失敗した後の行動

職場の教養

社有車をぶつけてしまったとき
つい、言い逃れをしたくなるのはわかる
実は私も昔やってしまったことがある

そのときは戻ってきてすぐに上司に報告し
いわゆる始末書なるものを書いた
結果的には「今後気をつけなさい」で終わり

あのときに逃げ出したり、黙っていたら
とんでもないことになっていただろう
そもそも、誰が乗ったかわかるので
言い逃れはできないのに

車のことだけではない
何か失敗をしたら、然るべき処置をする
これは当然のことだ

けれど、私達はつい怖くなってしまい
そこを逃れようと必死になる
必死になっても、結局は逃れられないのに

失敗を正直に認め
然るべきところに報告し
適切な処置を行うようにする

これこそが謙虚さであり
そこから学んでいくことである

失敗は学びのためにある
ここを肝に銘じて
失敗から目をそらさずに対処していこう



Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除


 

  

Posted by ひろさん at 05:26Comments(0)職場の教養