2020年10月12日

仕事に誇りを

職場の教養

仕事というのは決して
スター一人でできるものではない
全ては裏方がいて
はじめて成り立っているものである

私はスターを輝かせるための
裏方の仕事をしていると自覚している

スターとは、働く人々そのもの
その人達が輝いて仕事ができるために
どうすればいいのかを指導させてもらっている

が、私の仕事も、さらにその裏方がいる
営業をして研修の仕事をとってきてくれる
研修会社の営業マンだったり
企業で研修の企画をしてくれる方だったり

全ての仕事には必ず
その裏方の存在がある
みんな助け合ってこの世界が成り立っている

だから、決して傲慢になってはいけない
常に謙虚であり、感謝を忘れずに
自分の仕事を行って欲しい

逆を言えば、自分の仕事は
必ず世の中の誰かのために役に立っている
そのことを自覚して
自信と誇りを持って仕事に取り組んで欲しい

それが仕事の楽しさをさらに高めてくれるだろう


Youtubeちゃんねる「ひろさん」、登録よろしくね♪

Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除


 

  

Posted by ひろさん at 04:19Comments(0)職場の教養