2017年12月28日

年の終わりに

職場の教養


私の仕事自体は、すでに仕事納めとなっている
というか、体外的な仕事が終われば、ほとんど仕事納めのようなもの

といいつつ、自宅兼事務所となっているため
内部の仕事はいつまで経っても終わりというものがない

今年どころか、一日の仕事のけじめというものもある意味存在しない
下手をするとダラダラと過ごしてしまうこともある

だから今は、夜は仕事はしないと決めている
一日の区切りで仕事をするように心がけている

逆に、体外的な仕事がないからこそじっくりと取り組めるものもある
そういう意味では、一年の区切りというものをつけていない

だが、先日倫理の会友の呼びかけで、来年の目標を神社に奉納することになった
そこで一年の反省を書いたおかげで、一年の区切りがついた気がする

さて、来年はどんな年になるのか
その期待を抱きつつ、今日も自分の仕事に取り組んでいこう


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
父の助言
いのちの輝きに触れる
過去へのとらわれ
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 父の助言 (2018-01-19 06:23)
 いのちの輝きに触れる (2018-01-18 04:32)
 過去へのとらわれ (2018-01-17 04:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
年の終わりに
    コメント(0)