2018年01月02日

参拝の作法

職場の教養


初詣に限らず
参拝の作法というのは
日本人であれば身に付けておきたいものである

これは単なる儀式ではなく
神と通じるためのものとして
厳かに行うことが大切だと私は思う

神とは自分の中にある意識のこと
これは斎藤一人さんからの受け売りだが
神社の御神体は「鏡=かがみ」である

鏡から自分の意識、つまり「我=が」を抜くと・・・
かがみーが=かみ=神
となる

だから、神社に手を合わせ神に祈ることは
自分自身と向き合うことにもなる
だから、お願い事ではなく決意宣言を行う場でもあると私は思っている

こういう心の向け方がわかれば
参拝も気持ちを入れてできるのではないだろうか


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
父の助言
いのちの輝きに触れる
過去へのとらわれ
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 父の助言 (2018-01-19 06:23)
 いのちの輝きに触れる (2018-01-18 04:32)
 過去へのとらわれ (2018-01-17 04:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
参拝の作法
    コメント(0)