2018年02月05日

落語の魅力

職場の教養


落語は私も大好きである
一人で何役も演じるところ
そして、情景がありありとイメージできるところ
こういったところを私も参考にさせてもらっている

聴き手が笑ってくれると
落語家も調子に乗っていい感じで話を進めてくれる
落語は決して一人では成り立たない

これは私の講師という仕事も同じ
一人で話していると、やはり調子はイマイチ

私の話にうなずいてくれることで
私もどんどん調子が出てくる

逆を言えば、私も人の話しに対して
しっかりと「聴く」ことを行うことで
相手が調子に乗って話をしてくれるというものなのだ

話し手と聴き手、両方がそろってこそ会話が成り立つ
この点をしっかりと意識していこう


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
集金の心得
輝く自分へ
母の笑顔
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 沖縄の七夕 (2018-08-15 05:13)
 素直の二面 (2018-08-13 06:11)
 百回目の夏 (2018-08-12 06:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
落語の魅力
    コメント(0)