2018年02月08日

事八日

職場の教養


針供養や人形供養という言葉は知っていたが
「事八日」という言葉は初めて知った

どんなものにでも魂は宿っている
そのものを大切にする考え方
そして、ものの労をねぎらう考え方
これを大切にしたいものだ

私たちはものに対しては
つい乱暴に扱ったり、粗末に扱ったりする

けれど、それではものは浮かばれない
本来の使い方、目的に即してあげることで
ものは成就されるのだから

ものを大切にし、ものに感謝の気持ちをあらわす
きょう一日くらいはそんな気持ちを持っていたいものだ


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
苦手の克服
電話ボックスはどこに?
この道七十年
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 苦手の克服 (2018-05-24 04:46)
 電話ボックスはどこに? (2018-05-23 06:59)
 この道七十年 (2018-05-22 04:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
事八日
    コメント(0)