2018年10月06日

尊いもの

職場の教養

真心とはそもそもなんなのだろうか?

真心を込めて挨拶を
真心を込めた言葉かけを
真心を込めて祈る

などなど、必ず「真心」には「込める」がセットになっている
つまり、真心とはなんらかの形というか概念のようなものがあり
それを今までやっていたことに注入するというイメージが有る

では真心の概念とはなんなのか?

辞書的に言えば
「偽りや飾りのない心、真剣に尽くす心」
とある
つまり、純粋な澄んだ心とも言える

ということは、真心は
「込める」
ものではなくむしろ逆

今持っている余計なものを
「捨てる」
方が大事なのではないだろうか

余計な邪念を捨てて
自我自欲を脇において
ただひたすら、そのことのためだけを思う心

それを相手に与えられると
相手も澄んだ心になっていくのだろう

真心を自然と出せるような
そんな人間を目指したいものだ

「職場の教養勉強会」を日向市で開催します
日時 10月22日(月)19〜20時
場所 日向市市民活動支援センター
参加費 無料
詳しくはこちら https://www.facebook.com/events/283870845669724/

Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
地域の代表
案ずるより「する」が易し
突然の晴れ間
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 地域の代表 (2018-12-11 04:23)
 案ずるより「する」が易し (2018-12-10 05:25)
 突然の晴れ間 (2018-12-09 06:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尊いもの
    コメント(0)