2019年04月06日

良かれと思って

職場の教養

自分の思いと違う行動をされると
相手がこちらのことを思った行動だとしても
つい感情的になってしまうことがある

先日、こんな話を聞いた
おじいちゃんが大切にしているバッグを
幼い息子が水でビシャビシャにしていた

お父さんはそれを見て
息子を頭ごなしに叱ったそうだ

一度冷静になり、息子にどうしてそんなことをしたのか
改めて尋ねてみた

すると息子は
「おじいちゃんが大切にしているバッグだから
 綺麗にしてあげようと思った」
と言った

お父さんは頭ごなしに叱ったことを後悔した
しっかりと相手の思いに耳を傾け
その上でやっていいこと、やってはいけないことを伝えるべきだった

まずは相手の思いや言葉に耳を傾け
その真意を知ること
これがお互いに喜びを分かち合うことに
つながっていくのだろう


「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
4月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
プラスの「気」を放つ
焼け野の雉夜の鶴
暑い日も寒い日も
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 プラスの「気」を放つ (2019-08-22 06:27)
 焼け野の雉夜の鶴 (2019-08-21 04:31)
 暑い日も寒い日も (2019-08-20 04:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
良かれと思って
    コメント(0)