2019年04月20日

折り紙丸めて

職場の教養

体裁よりも
相手の心を受け止めること

これは子育てにおいては
特に重要なことだと私も思う

子どもの発想はとても柔軟である
大人では思いつかないようなことを
どんどんやってのける

しかし大人はそれを見て
恥ずかしい、おかしい、奇妙だ
だからやめなさいと止めてしまう

それよりも
「それ、いいね」
と受け止めてあげること
これはとても大切なことだ

相手が子どもだから、ではない
大人であっても同じこと

会議などで突拍子もない意見が出た時に
「それはおかしい、できるわけない」
と否定をするのでは、組織は伸びない

「それ面白いね」
「そういうのを実現させたいね」
と受け止めてみること

それがやる気にもつながり
組織を大きく発展させることにもつながる

ぜひ多くの心を受け止めることを
常に意識していきたいものだ

「幸せな明日をつくる 職場の教養勉強会」
4月は都合によりお休みいたします

日本婚活コーチング協会
日本婚活コーチング協会


Amazonで
「婚活コーチング」
の電子出版の小説シリーズを発行しました!
婚活コーチング
https://amzn.to/2w2G3PQ


同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
プラスの「気」を放つ
焼け野の雉夜の鶴
暑い日も寒い日も
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 プラスの「気」を放つ (2019-08-22 06:27)
 焼け野の雉夜の鶴 (2019-08-21 04:31)
 暑い日も寒い日も (2019-08-20 04:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
折り紙丸めて
    コメント(0)