2020年09月16日

異国との友好関係

職場の教養

和歌山県沖のトルコ船救助の話
これは私も映画の上映があったことで
初めて知ったことである

この事件以外にも
国や地域、職域を越えて
真心の援助をした話はたくさんある

さて、自分がそういった場面に直面したら
勇気を持って手を差し伸べることができるだろうか?

今の時代、自分の利益にならないことを
率先してやろうという人が少ない
そう思われがちではあるが
私はそうは思わない

人というのは、案外人の役に立ちたい
そういう気持ちが心の奥にあるはずだ
だから、私はその心を信じたい

もちろん、自分の中にもその心があると
信じていきたい

また、自分の祖先がそうやってきたからこそ
その恩恵を受けて私達は
今の世の中を平穏無事に過ごさせてもらっている

だからこそ、祖先に感謝である
今度は自分が、これから続く子孫のために
困っている人へ勇気を持って手を差し伸べていこう



Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!
異国との友好関係


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除


 



同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
四季の行事の意味
三十而立
朝の気づき
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 四季の行事の意味 (2020-10-31 05:19)
 三十而立 (2020-10-30 04:29)
 朝の気づき (2020-10-29 04:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
異国との友好関係
    コメント(0)