2020年09月15日

手書きの温もり

職場の教養

文字を美しくていねいに書く
これは私が苦手としているところだ

残念なことに私は字が汚い
かっこよく書いてみたいのだが
こればかりはなかなか難しい

とはいえ、このままではいけない
ということで、私が一つだけなんとか書けているのが
筆で書く自分の名前である

筆はさらに苦手だったのだが
知り合いの書家に筆使いのコツを教わり
それ以来、そのコツを意識している

そうすると、あれだけ苦手だった筆使いだったのに
案外きれいに書けることがわかった
なので、自分の名前を筆で書く時はちょっと自信がついた

筆で自分の名前を書く場面は結構多い
祝儀袋、香典袋、のしなど
せめてこのくらいは、ということで取り組んでいる

もっと練習をすればいいのだろうが
これは私の課題でもあるな



Amazonで小説
「コーチ物語」シリーズ
を続々発行中!
手書きの温もり


小説メルマガ「コーチ物語」ぜひお読みください

メルマガ購読・解除


 



同じカテゴリー(職場の教養)の記事画像
朝の気づき
雷と稲の関係
読書週間
同じカテゴリー(職場の教養)の記事
 朝の気づき (2020-10-29 04:17)
 雷と稲の関係 (2020-10-28 04:35)
 読書週間 (2020-10-27 04:28)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
手書きの温もり
    コメント(0)